コンブチャを使った健康スムージーで体が喜ぶ朝食を

美容と健康、ダイエットに多くの人が取り入れているスムージー。そんなスムージーをコンブチャと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

野菜や果物などを加熱せずに生のままいただくことができるスムージーは、食べ物の栄養の摂取が効果的に行えることも人気の理由です。そんなスムージーに、コンブチャを混ぜて作るレシピは、私の大のお気に入りです!

朝はチアシードとコンブチャのドリンクを飲んで、昼はコンブチャスムージーを飲んで、夜は高タンパク低カロリーのヘルシーな食事を摂る、というプチ断食もダイエットに有効的ですよ。

この記事では、コンブチャを使ったスムージーのレシピを紹介していきましょう。

スポンサーリンク



豆乳とバナナとコンブチャのスムージー

空腹を抑える効果がある豆乳は、食事や間食の代わりに、もしくは食事の前に摂取するとことで、食べ過ぎを抑えてくれます。そんな豆乳とバナナを使ったコンブチャのスムージーは、シンプルなレシピだけど、一杯でかなりの満腹感が得られるんです。

材料

・バナナ 1/2

・豆乳 180ml

・コンブチャ 90ml

・はちみつ 適量

作り方

バナナを一口大に手でちぎって容器に入れ、豆乳とコンブチャ、ハチミツを加えて、ハンドブレンダーやフードミキサーなどを使ってスムージーにします。

ポイント

味は喫茶店のバナナジュースに近いですね。

牛乳派の人は、もちろん牛乳を使ってもいいです。私は牛乳を飲むとお腹を壊すのと、前途の通り空腹を抑えてくれるので、豆乳派。

ハチミツの量はお好みで。私はバナナの甘みを生かして、ハチミツは入れない場合が多いです。特に完熟のバナナを使用する場合、ハチミツは入れなくても十分に甘みを感じられます。

たっぷりベリーのコンブチャスムージー

ベリー類はお肌の調子を整えてくれるスーパーフードの1つです

まず、イチゴはビタミンを豊富に含んでいます。そして、ブルーベリーはビタミン類はもちろんのこと、抗酸化作用のあるポリフェノールが詰まっています

そんなベリー類で作ったスムージーは、見た目もピンク色で可愛らしいですよね。

材料

・イチゴ 5個

・ブルーベリー 20〜30粒

・豆乳 80ml

・ヨーグルト 大さじ3

・コンブチャ 100ml

・はちみつ(お好みで)

作り方

イチゴはへたを包丁で取り除きます。すべての材料をハンドブレンダーやフードミキサーにかければできあがりです。酸味が強めなので、甘めが好きな人ははちみつを入れて味を調整してください。

ポイント

イチゴが旬の季節に、ぜひ試してほしいスムージーです。ブルーベリーの代わりに、ラズベリーやブラックベリーを入れても美味しいです。さらにバナナを入れると、より満足感がますのでオススメです!

青汁とコンブチャの疲労回復スムージー

青汁は積極的に取り入れたい飲み物です。昔に比べたら、その味は向上していて飲みやすくなっていますが、スムージーにすれば非常においしくいただけるんです。

青汁は牛乳や豆乳と混ぜると、抹茶ラテのような味わいになるので好きです!

そこにコンブチャやハチミツを加えて、さらに栄養価を高めた一杯を作ります。疲労回復効果が向上すること間違いなしです。

材料

・青汁粉末 1袋

・豆乳 100ml

・ヨーグルト 大さじ3

・コンブチャ 50ml

・はちみつ 大さじ1

作り方

すべての材料をハンドブレンダーやフードミキサーにかけてください。

まとめ

コンブチャを使ったスムージーのレシピ、いかがでしたか? 分量は目安ですが、目分量で作っても十分おいしいものが出来上がりますよ。

また、自分で好みの配分にアレンジして、好きな果物や素材を取り入れて、オリジナルのレシピを作るのも楽しいです。ぜひ試してください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク