コンブチャとチアシードを組み合わせたドリンクが最高にヘルシー!

普段飲んでいるコンブチャをアレンジするレシピとしてオススメしたいのが、チアシードと組み合わせたヘルシーなドリンクです。

チアシードはシソ科の植物「チア」の種です。チアの原産地はメキシコ中南部からグアテマラで、アステカ時代から食されていたとのこと。

1ミリほどの小さな種であるチアシードは、水につけると12倍にも膨らみます

膨らむとジェル状に変化し、タピオカに似た独特の食感を楽しむことができます。

今やスーパーフードの代表格として流行しているので、普段の食生活に取り入れている人も多いでしょう。

そんなスーパーフードのチアシードと、栄養価の高い発酵飲料のコンブチャを混ぜたドリンクは、朝食代わりに飲んだり、小腹が空いたときに飲むのにもってこい

特に、朝食と置き換えることでダイエット効果も発揮してくれるのがうれしいポイントです!

私の場合は、つい食べ過ぎてしまった日の翌朝や、プチ断食をして身体をリセットしたいときなどに、コンブチャにチアシードを混ぜたドリンクを作って飲んでいます。

「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」と言われているスーパーフードの代表格であるチアシード。

チアシードの特徴の一つが「満腹感を得られる」という点なので、まさにダイエットに最適な食品なんです。

スポンサーリンク



チアシードは栄養満点なスーパーフード

「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」とまで言われているチアシード。小さな種の中には、オメガ3をはじめ、食物繊維、カルシウム、鉄分、マグネシウム、アミノ酸、ビタミンB群、食物繊維、α-リノレン酸などが詰まっています。

中でもダイエットに効果的な栄養素は以下の2つです。

オメガ3

オメガ3は脂肪酸の1つで、血液をサラサラにして血行を促進し、免疫機能を高めたり、美肌に働きかけたり、アレルギー症状を緩和する効果があります。

チアシードのほかにも、サンマやサバ、アジなどの魚をはじめ、アマニ油やえごま油、クルミなどに含まれています。

チアシード大さじ一杯につきおよそ2gが含まれているのですが、それは1日の摂取量の目安をクリアしています!

食物繊維

チアシードに豊富に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えることを助けてくれます。

チアシードを水で膨らませるとジェル状になりますが、そのときに発生するグルコマンナン(こんにゃくと同じ成分)が、便秘などを解消して腸内をきれいにしてくれます。

食事の前に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる働きも。

その他、毎日摂取するべき栄養素が豊富です。特に普段の食生活で不足しがちなカルシウムやマグネシウム、カリウムや鉄分などのミネラルがたくさん含まれています。

ミネラル

植物性の食品でありながら、カルシウムを豊富に含んでいます。その量は大さじ一杯につき約76ミリグラム。骨を丈夫にして貧血を防ぐこと、そしてイライラ防止に有効ですね。また、マグネシウムやカリウムなども含み、さらに鉄分も非常に豊富です。

タンパク質

チアシードのタンパク質は、穀物などに含まれるタンパク質に比べて、グルテンを含んでいないのが大きな特長です。

グルテンフリーダイエットをしている人や、グルテンがアレルギーの原因だという人でも摂取することが可能です。さらに、必須アミノ酸9種類のうちの8種類が含まれています

チアシードには黒いものと白いものがあります。どちらもチアシードには変わりありませんが、白いチアシードのほうが品種改良を重ねてより多くの栄養が含まれているそうですね!

参考書籍

かんたん・おいしいチアシードレシピ: 健康になる!やせる!美肌になる! 著者: ダニエラ・シガ

チアシードをアンチエイジングの第一人者・白澤卓二教授が医学監修し、チアシードの栄養素、健康効果を徹底解説。 ダニエラ・シガさんが作る【90以上】のチアシードレシピにも注目です。

コンブチャとチアシードは相性ぴったり

チアシードには、私たちが普段不足しがちな栄養が豊富に含まれていることが分かりました。そんなチアシードと、同じく栄養価の高いコンブチャを組み合わせることで、最強のナチュラル健康ドリンクが出来上がるわけです。

甘酸っぱくて微炭酸が入った発酵飲料のコンブチャに、満腹感を得られるスーパーフードのチアシードを加えると、それだけで体にエネルギーがみなぎる栄養ドリンクになります。

飲みごたえがあり、まさにダイエット中にぴったりです!

私は食べれば食べるほど太る体質で、気を抜くと一気に体重が増えてしまうので、「かなり食べ過ぎたな」という日の翌日には、必ずチアシードのドリンクを食事の代わりに取り入れています。

海外で売っているコンブチャ飲料には、あらかじめチアシードが入っているものがあったりと、その組み合わせはすでにポピュラーなんですよ。

View this post on Instagram

GT’s Kombuchaさん(@gtskombucha)がシェアした投稿

そんなコンブチャとチアシードを使ったドリンクのレシピを紹介していきましょう。

コンブチャとチアシードドリンクの簡単レシピ

材料

コンブチャ(200ml)

チアシード(大さじ1)

作り方

1. チアシードを水で戻します。大さじ1杯のチアシードに、約10倍の水を加えて、冷蔵庫に一晩置いておきましょう。

2. 水で戻したチアシードをグラスに入れて、そこにコンブチャ飲料を加えれば完成です。

たった2ステップで完成するコンブチャとチアシードのドリンクは、忙しい朝に食事として取り入れるのに最適です!

私は朝ごはんをガッツリ食べると、体が疲れて逆に眠くなってしまうタイプなので、コンブチャとチアシードのドリンクがかなり重宝しています。

チアシードを食べる際には、以下の2点に気をつけて下さい。

チアシードは必ず水で戻す

チアシードは必ず水で戻してから食べましょう。というのも、チアシードにはミトコンドリア毒という発芽毒が含まれているのですが、水で戻すことで毒が無効化されます。

私は瓶に大さじ3杯のチアシードを入れて、そこに10倍の量の水を入れて、まとめて戻しておくようにしています。1週間程度は冷蔵庫で保存できるので、一週間分を週末にまとめて戻しておくと便利ですよ。

チアシードは熱に弱く、お湯で戻したり調理をすると栄養素が失われてしまいます。チアシードを戻す際には、必ず水を使用しましょう。

1日の摂取量を守る

チアシードの1日の摂取量は、大さじ一杯です。どんな食べ物でも食べすぎは禁物ですが、チアシードの場合はその栄養価の高さから、カロリーの摂りすぎになったり、お腹を壊してしまう恐れがあります。

まとめ

コンブチャとチアシードを組み合わせたドリンクは、両方の栄養素をコップ一杯で手軽に摂取できる、最高にヘルシーな一杯です。朝食代わりに飲むのはもちろん、小腹が空いた時にも食欲をおさえてくれることでしょう。

また、夕食前に一杯飲むことで、血糖値の上昇をおさえたり、食べ過ぎを防いでくれるのもうれしいポイントです。

コンブチャ生活をより充実させるために、ぜひ日々の食事にチアシードを取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク